レボル・ケルベロスと状態異常成功率

次のバージョン4.2大型アップデートでは新武器の追加があります。 すでに広場の速報では持っている能力が大雑把にですが公開されていますね。 気になる武器はいくつかあるんですが、その中の一つはアカシックウィング。 ブーメラン アカシックウィング は、状態異常の成功率が上がり、さらに呪文発動速度もアップ! 状態異常の成功率が上がるという能力を持っているらしいブーメランです。 被ダメージアップ状態と装備 ブーメランは状態異常が得意な武器で、なかでも強力なのは被ダメージ増加状態でしょう。 レボルスライサーの追加効果です。 他にも、ブーメランを得意武器としている、レンジャー専用特技のケルベロスロンドにも同じ追加効果があります。 ブーメラン装備職が使える状態異常の成功率強化装備としては、すでにスターダムスーツがありました。 ですが、どうやらレボルスライサーとケルベロスロンドには効果が無かったようです。 参考記事はこちら→スターダムスーツを買おうとしてる方、ちょっとお待ちください 気になったので、私もきようさ720状態で同様にすこしやってみました。 …が、やはり装備による成功率アップ効果は確認できませんでしたね。やはりスターダムセットは、レボルスライサーとケルベロスロンドには効果が無さそうです。 ということは、新武器のアカシックウィングも効果が無い可能性が高いですね。 成功率に影響するものはない? ブーメランはデュアルブレイカ…

続きを読む

L字抜けされる動き・防ぐ動き

L字抜け パラディンの役目は敵を抑えて、味方へ向かうのを防ぐこと。 この役目を果たす際に、やっかいなのが「L字抜け」です。 敵と味方の間の直線上にパラディンが立っていても、 敵がパラディンを避けるようにL字に動いて抜けていってしまう動きですね。 パラディンをやっている時にこれが起こると本当にガッカリします。 今回は、パラディンをやる際に、L字抜けをされにくい動きはどんなものだろうかを考えます。 押しながら特技を使う メギストリス領のおむつっこりで、抜けやすさの実験をします。 この敵はかなりL字抜けが起こりやすい感じなので、どういう時にL字抜けされるかの確認に良さそうです。 このように押している状態のまま特技を使うというのは、パラディンではけっこうやりがちです。 特技の準備時間中も押している時間になるので、ラインが下がりにくいからですね。 私も聖守護者のときにもやっていました。 ですが、今回の実験では、これは明らかにL字抜けの危険が高い動きでした。 今回の相手では、押しながら特技を使うと、非常に高い確率でL字抜けされます。されない方が珍しい、というくらいされます。 後述する、抜ける可能性があるタイミングとは無関係に、押しながら特技を使うと高確率で抜けました。 自分からは押さずに、押されている状態で特技を使った場合は、この現象は起こりませんでした。 だいたいのボスはおむつっこりよりは抜けにくいので、ここまで頻繁には抜…

続きを読む

聖守護者パラ入門

普段は占い師でやっているパラ2構成での聖守護者の闘戦記ですが、 今日はパラディンでもやってみることにします。 2体の敵のうち、オーソドックスなパラディン向きモンスターはレギルラッゾの方です。 パラディンが活躍したレグナードにかなり近い性質とも言えます。 ということで、まずはこちらがパラディン入門向きでしょう。 レギルラッゾ担当でやってきました。 基本戦術 まず、パラ2というパーティ構成の基本的な戦術は2体の完全隔離です。 この画像のように、くの字型に2体の敵を大きく引き離してパラディンがそれぞれ抑え込み、 後衛が離れた位置から攻撃していくというものですね。 パラディンの役割は、担当する敵を抑えつつ、死なずにできるだけダメージも受けないことです。 この構成には、回復専任の職が入る余裕はありません。 今回はレギルラッゾ担当パラディンですので、レギルラッゾの攻撃をどうしのぐのかをみていきましょう。 自分への攻撃の対処 レギルラッゾが味方の方へ歩き出さず、その場で留まっている時は数秒後に自分への攻撃が来ます。 基本通り、だいぼうぎょを使って相手の攻撃に備えます。 相手の攻撃のうち、シールドブーメランはだいぼうぎょでも耐えられません。 これが見えたら、即座にだいぼうぎょを解除して横へ避けます。 ジバルンバはその場でだいぼうぎょで良いと思います。 が、ジバルンバ→シールドブーメランを連続行動で使ってきた時は厄介です。…

続きを読む

必殺の笑い

天地雷鳴士の必殺技の天地鳴動の印は、 会心/暴走率約50%アップ+与えるダメージ20%アップ+ピオラ2段階 の3つの効果を自分とげんまに与えます。 性能だけをみると、とにかくすごいポテンシャルを秘めた技です。 特に、1分間もの間かいしん率+50%というのは圧倒的ですね。 もしこの必殺技をバトマスや戦士が使えたとしたら、凄まじいことになります。 ただ、天地雷鳴士では残念ながらそこまで凄いことにはなりにくいんですよね。 天地雷鳴士の攻撃手段には会心率の低下補正を受けない技がほとんどないからです。 格闘モードの天地雷鳴士 そこで、以前の記事では格闘スキルでこの必殺技の長所を活用してみるというのを試してみました。 →格闘モードの天地雷鳴士 格闘スキルの、かまいたちやムーンサルトにはかいしん率の低下補正がなく、しかもかいしん時のダメージが伸びやすいことを利用した作戦でしたね。 今回はそれとはまた別のアイデアを考えてみました。 必殺の笑い 注目したのは、「ボケ」です。 古い公式ガイドブックの情報によれば、この特技のかいしん率は「◎」。 これはプラスにもマイナスにも補正を受けない、通常攻撃と同じかいしん率になるという表記です。 ボケのような状態異常を与える特技は、かいしんがでると成功率が劇的にアップします。 天地鳴動の印+ボケの組み合わせは、 高い確率でかいしんのボケを出して耐性の高い相手も笑わせることができるのでは?…

続きを読む

なぎはらいと断空なぎはらいは弱体したのか

スライダークのシャインソードの範囲を最初に調べたときの記事 のコメント欄に、こんなコメントがありました。 不具合の可能性も捨てきれないですね、むしろこれまでを考えると不具合の可能性の方が高いかも… どのブログでも見かけませんが、実は棍のなぎはらいの範囲も変わってます。 今までが広すぎたとは思いますが、勝手に変えないで欲しいですね…使い勝手が悪くなる修正もきちんと発表してほしいし、不具合ならさっさと直して欲しいところです。 なぎはらいの範囲が狭くなった、と書かれています。 このコメント以外にも、断空なぎはらいの範囲が狭くなったというような話もみかけたことがあります。 断空なぎはらいについては、コロシアム内ではVer4.1で範囲が狭くなったとはされていますが、 それ以外で変更したということは告知されていません。 今回はこの二つの特技がコッソリ弱体されているのかどうか? を考えてみたいと思います。 現在の範囲 まず、現在の範囲を調べることにします。 調査には、Cランクの女帝のタロットを利用します。 女帝のタロットはBランク以下では、射程距離が5mと短いです。 デッキに組み込むモンスターを調整することで、射程を5~10mくらいの範囲で細かく調整することができます。 女帝のタロットを間合いの外から使い、調べたい間合いをまず確保します。 そして、手前に挟んでおいた別の敵をターゲットになぎはらい/断空なぎはらいを使い、 間合…

続きを読む

ボケの真実

今回はスーパースターで何かできないか色々考えていました。 そのなかでも特に、ボケを使ってあれこれやっていました。 ボケは、公式ガイドブックの情報によれば、 みりょくが200以上なら高いほど効きやすくなる とされています。 スーパースターはみりょくが高いので、占い師よりもボケの成功率を高めることができるという考えでした。 これを活用することを考えていたんですが、思ったような成果が得られません。 どうにも変です。 公式情報のボケについての説明が怪しく思えてきました。 そこで、ボケの成功率を改めて確認することにしました。 ボケとみりょくの関係 みりょくを高めたスーパースターと、特にみりょくを高めない占い師でボケの成功率を比較します。 両者とも、武器はアステルウィップでムチ180スキルは取っています。 調査の相手は、アルミラージ。耐性は「〇」で50%です。 スーパースターはまずマジステッキを使ってみりょくを高めてから、ムチに持ち替えてボケを使いました。 この時のみりょくは、確認できるおしゃれから逆算すると500以上です。 ボケ200回で…、 成功:156 失敗:44 成功率は78%です。 次は占い師です。 みりょくは268です。 成功:154 失敗:46 成功率:77% …嫌な予感が当たりました。 みりょくに250近い差があるのに、結果は誤差レベル。 みりょくは成功率に影響していな…

続きを読む

天地雷鳴士ときようさ

公式ガイドブックの情報で、 天地雷鳴士の特技の属性耐性低下効果の成功率は、きようさに影響を受けることが明らかになりました。 今回は、めいどうふうまの追加効果の成功率をカウントして、 きようさがどのくらいの影響があるのかを調査してみたいと思います。 めいどうふうまの成功率調査 調査はドラゴスライムを相手に行いました。 出現数が多いのでカウントしやすく、耐性も「◎」と判明していますので元の成功率が逆算できます。 まずはきようさ549の状態です。 成功:293 失敗:412 成功率:41.6% ドラゴスライムの耐性(◎)で軽減される前の元の成功率では、 55.4%ということになりますね。 次に、きようさを下げて、349の状態です。 成功:201 失敗:501 成功率:28.6% 同じように耐性で軽減される前の成功率で、 38.2%という結果です。 きようさの効果は 今回の結果だと、きようさの差が200で上昇した成功率が17.2%。 きようさ1あたりだと、0.086%ということになりますね。 たぶん実際のきようさの影響は、12ごとに1%(1あたり0.083%)か、 11ごとに1%(1あたり0.091%)といったところじゃないかな?という感じがします。 公式ガイドブックには、 きようさが100以上なら高いほど効きやすくなり、最終的には3回に2回弱の割合で効くようになる と書かれています。 …

続きを読む

トライバルのチャージ短縮はどれくらい強いのか

風虎からトライバルへの買い替えを迷っています。チャージタイム短縮ってどれくらい強いのでしょうか?10分戦ったらどのくらい得をするのかなど知りたいです。 今回はコメントで質問があった、トライバル装備のチャージタイム短縮について考えてみたいと思います。 火力への影響は? トライバルはアタッカー用の装備なので、気になるのはダメージアップにどのくらい効果があるかでしょう。 まずは毎ターン攻撃すると仮定して、 チャージタイム短縮ありとなしで比較してどのくらいダメージが伸びるのか、まもの使いを例に考えてみます。 まもの使いのすばやさは大体430くらいですね。 行動間隔短縮(専)とセット効果の効果を含めると、行動間隔は4.4秒くらいでしょうか。 ツメ ツメ装備でタイガークローとライガークラッシュを使うとしましょう。 タイガークローの準備時間は1秒。ライガークラッシュは1.2秒。 タイガークローは4倍撃。ライガークラッシュは13倍撃。 毎ターン攻撃して、チャージタイムが戻り次第ライガークラッシュを使用するとして、 まずはチャージ短縮がない場合は… タイガークロー12回+ライガークラッシュ1回で61倍ダメージ。 掛かる時間は70秒なので、1秒当たりでは0.87。 次に、チャージ短縮ありの場合は… タイガークロー10回+ライガークラッシュ1回で53倍ダメージ。 掛かる時間は59.3秒なので、1秒当たりでは0.89。 チャージ…

続きを読む

死神のピアスVSダークアイ

防衛軍のような多くの敵が登場しないボス戦で 魔法使いの顔アクセは何がいいか調べてください。具体的には、ダークアイ攻魔理論値と死神のピアスの呪文ダメージ理論値のどちらがいいか知りたいです。 コメントにこんな質問が来ていました。 今回は魔法使いでの、死神のピアスとダークアイの比較を考えてみることにしましょう。 死神のピアスの性能 死神のピアスの能力のうち、呪文のダメージ+の方は非常に分かりやすいですね。 毎回15ダメージを固定値で上乗せします。 分かりにくいのは、「行動ターンを消費しない」の能力にどのくらいの効果があるかだと思います。 まずは、魔法使いがターンを消費しないと火力にどのくらいの影響があるのか、計ってみたいと思います。 ターン消費なしの影響 すばやさ537の魔法使いになってメラゾーマを連続で使用し、掛かる時間を動画に撮って計測しました。 この1ターンでは、コマンドが開いてから… メラゾーマを撃ち終わるまでの時間が4.6秒。 そして次のコマンドが開くまでの時間がそこから1.3秒。 かなり即座にコマンド入力するように集中してやりましたが、それでもターン待ちの時間はこのくらいです。 つまり、いくらターンが早く回ってきても短縮できる時間は1ターンにつき、最大1.3秒程度しかないということです。 ターンゲージは2本あるので、実際には2ターンにわたって効果が現れますので、 この倍の2.6秒がターン消費なしが…

続きを読む