シャインソードの範囲差をイメージしよう

◆スライダークが使用する「シャインソード」の範囲が広くなっている。(4/3 11:40更新) ⇒現在、原因を調査しています。 冒険者の広場に、シャインソードの範囲が広くなっている件が不具合として掲載されました。 以前の記事で広くなっているのは確認しましたが、やはりあっていたようですね。 前回調べたときは、範囲が広くなっているのかどうか? という点を確認したかったので、細かくどのくらいの範囲になったのかまでは調べませんでした。 今回は改めてシャインソードの範囲を確認しつつ、 今の時点でスライダークをやりに行くのに便利なように、範囲をイメージしやすい画像を作ってみることにします。 現在の範囲 シャインソードにギリギリ当たる範囲を探ってきました。 まずはこの画像。 スライダークとの距離は、太古の地底回廊のタイルで6枚分あるかないかくらいです。 ここでは当たりました。 次はこちらをご覧ください。 スライダークがシャインソードを使おうとした場面です。 サポート仲間はそれに反応して、左の方へ避けようと移動しています。 そして、この位置で立ち止まり回避しました。 距離はやはりタイル6枚分あるかないかくらいです。 サポート仲間は敵の技の範囲を感知してギリギリで避けることができます。 この距離がいまのシャインソードの射程距離と考えて良いと思います。 太古の地底回廊のタイルは1枚2mらしいので、 現在のシャインソ…

続きを読む

Ver4後のバラモス強サポ攻略

今回は、バラモス強の再攻略です。 →Ver4後の幻界の四諸侯強サポ攻略 の記事では新職業の天地雷鳴士がサポ攻略で活躍しましたね。 バラモス強も過去の記事で攻略しましたが、Ver4後の新要素でより安定した攻略ができるようになっていると思います。 今の時点でオススメできそうな、サポート仲間攻略を考えてきました。 オススメの構成と準備 オススメのサポート仲間の構成は、両手剣戦士x2+仲間モンスターのキメラ。 そして自分が天地雷鳴士です。 戦士の作戦は、二人のうちどちらかをバッチリにしておくと良さそうです。キメラは当然いのち大事にですね。 バラモス強の最大の特徴として、 「ネクロゴンドの波動」と「ネクロゴンド大波動」 という二つの強力な範囲攻撃を使ってくるというのがあります。 ジャンプで避けられる足元攻撃ですが、サポート仲間はジャンプできません。 これで一気に壊滅的な被害を受けてしまうというのが、バラモス強の一番怖いところです。 そこで負けないために最も大事な回復役に、足元攻撃を無効化する仲間モンスターを採用します。 キメラではなくホイミスライムでもいいですが、聖女の守りをつかえるのでキメラの方がより向いているかなと思います。 ここまでは前回と同じですが、自分が天地雷鳴士を操作するというのが今回の変更点になります。 天地雷鳴士は無敵の回復役・カカロンが召喚できるので、緊急時の粘り強さは抜群です。 しかもスティックが装備…

続きを読む

輪王ザルトラ持ち寄り・占い師の役割

風雷のいんろう。 その他枠にいくつかある属性ダメージ減をもつアクセサリーの中の1つです。 これ系アクセサリーの中でも、特に出番が多いのがこの風雷のいんろうだと思います。 私がいままで使っていた風雷のいんろうは、適当に+4にしただけのものです。 それで満足していたんですが、 最近急に風雷のいんろうを強化したくなってきました。 この際、持ち寄りパーティで一気に完成させてしまうことにしましょう。 参加する職は、もっとも得意な占い師でいいでしょう。 募集の定番にはなっていませんが、私は占い師はザルトラに相性が良いと考えています。 実際に完成まで占い師で15戦くらい持ち寄りパーティをやってきたところ、非常にいい感じに戦えました。 今回はこのやり方を紹介したいと思います。 占い師の役割 ザルトラ持ち寄りでは、攻撃役に踊り子3人+回復役に旅芸人という構成がもっとも普及しています。 なので検索でも希望者はこのどちらかが多いですね。 定番化はしていないですが、ザルトラはすばやく倒せるほど楽なので魔法戦士も相性が良いです。 魔法戦士は回復能力が無いので攻撃役の枠に入る職です。 そして占い師です。 占い師は魔法戦士ほどのダメージ強化能力はありませんが、十分な回復ができます。 つまり、ザルトラでの占い師の基本的な立場は旅芸人と同じ回復役ポジションです。 魔法戦士とは競合しない枠だということですね。 デッキもそれを意識したものを準備します。 …

続きを読む

スライダークが強化されている!

更新タロット置き不可能は通知して欲しいですよね。 あと4,1以降のスライダークのシャインレインの範囲が結構広く成ってる気がするんですよね。 それ迄の位置取りで逃げても当たる感じで出来たら検証御願いします。 コメント欄から、こんな情報がありました。 アップデート情報には何も書かれていませんが、もし本当ならサイレント修正あったということになります。 これは確認してみたいところですね。 過去記事から情報を探す ただこういう調査は、今現在の状態を確認することは出来るんですが、 過去どうだったかを確認することは、今からではできません。 なので、「気のせい」だと言われても証拠がないので、そうかもしれないとなりやすいです。 なにか証拠になるものはないかと、 このブログの過去記事から、スライダークに関係する画像や動画を探しました。 こちらの画像をご覧ください。 スライダーク練習の記事の時のシャインソードの画像です。 サポート仲間がシャインソードを避けた場面です。 この画像は、ちょうどステージが太古の地底回廊になっています。 このステージは地面にタイル状の模様があり、それで距離を測ることができます。 上の画像のスライダークとサポート仲間のいる位置を横からみた画像です。 二人のいる位置を真横に伸ばしたのが赤い線で、その間の間隔が黄色の矢印です。 間合いは多く見積もっても、タイル4枚半です。 シャインソードの範囲が広がっている …

続きを読む

キラーパンサーを活躍させる

キラーパンサーはドラクエ5で第一の仲間モンスターだったことから人気があり、 ドラクエ10でもVer4.1でようやく仲間にできるようになったモンスターですね。 最近のドラクエ10では、仲間モンスターはどんどん強くなるサポート仲間に差をつけられて、 役に立つ機会もめったにないという寂しい立場になっていました。 ですが、新仲間のキラーパンサーはかなり優秀な独自性能を持っています。 単にサポート仲間の劣化ではない活躍ができるかもしれません。 今回はこちらの記事 →なつき度&装備も狙いつつ・キラーパンサー育成 の続きを進めてキラーパンサーの育成を完了させ、なにか活躍ができないか考えてみることにします。 育成をスピードアップ このテーマでなにかやりたくなったので育成を急ぐことにしました。 既になつき度は200を超えて、狙っていたスターダムセットも白宝箱からウデ以外は揃っています。 なかなかウデが出ないでいましたが、もうこの際装備を買ってしまうことにしました。 結晶化金策と並行してやってけっこうお金も増えましたからね。 ウデとアタマ装備を未練金★3で買って、自分で錬金効果を付けました。 転生がまだまだ10までは遠かったので、ぶちスライム狩りで一気に経験値を稼ぐことに。 占い師になり、わたぼうの死神で1ターンでどんどん倒してレベルを上げていきます。 無事レベルは50+10まで上がりました。 次は何に活躍させるか考えましょう。 …

続きを読む

Ver4後のゴースネル用デッキ

今回はコメントで要望のあった、Ver4後のゴースネル用デッキを考えてみます。 牙王ゴースネルは後半が勝負 まずは、ゴースネルがどういうボスなのかのおさらいです。 ゴースネルの最大の脅威は、「闇のころも」です。 与えるダメージが2倍になり、受けるダメージも75%に減少します。 さらに自分にかかっている不利な状態異常を解除し、効果中は状態異常への耐性が上がります。 真やいば砕きやヘナトス効果などを解除した上で2倍のダメージになるので、効果中は多くの攻撃が即死の威力になります。 この技はHPが50%以下になって黄色になってから使い始めます。 なので、ゴースネルでは黄色になってからの後半が重要です。 ゴースネル用デッキと装備 これを踏まえて、用意したデッキはこちらです。 コンセプトは、補助と攻撃のメリハリです。 ゴースネルでは、前半は大した危険はありませんから、急ぐ必要はまったくありません。 後半に備えてじっくりと味方の態勢と自分の手札を整えます。 そして相手が強くなる後半に、一気に攻撃を後押しして危険な時間を短くしようという狙いのデッキです。 このデッキは戦士構成での補助役を想定したものです。 パラ構成の場合は魔法使いの代わりになる攻撃役ができますが、今回はこれは考えていません。 装備は、武器に弓を使いました。 相手はおぞましいおたけびや、紫雲のたつまきといった、強力でしかも多種の状態異常技を持っています。 …

続きを読む

Ver4後の幻界の四諸侯強サポ攻略

今回は、幻界の四諸侯強の再攻略です。 だいぶ前に一度記事にしたことがありましたが、Ver4になって色々変化がありました。 よりスマートな攻略ができるようになったと思われるので、 今の時点でオススメできそうな、サポート仲間攻略を考えてきました。 オススメの構成と準備 オススメのサポート仲間の構成は両手剣戦士x3、自分が天地雷鳴士です。 このボスではいつもにも増して戦士が強く、Ver4.0でヘナトス効果が強化された真やいばくだきが効果絶大です。 しかし、戦士二人では開幕動いてくる3体の敵のうち、どれか2体にしか真やいばくだきはできません。 そこで、占い師よりも回復面に優れる天地雷鳴士を操作することで、戦士三人構成を可能にしようというわけです。 ジャミラスが炎属性に強いので、戦士の武器はフューリーブレード以外が良いと思います。 自分操作の天地雷鳴士は扇装備です。 宝珠には花ふぶきの技巧と… マホトーンの技巧をつけていきましょう。 装備にあると良い錬金効果は呪文ダメージ減ですが、 今回の私の例でも全くなしでやっていますので、わざわざ買ったりする必要はありません。 戦い方 まず、戦闘を始める前にダークタルト☆1を全員に使っておきましょう。 激安で売っているので、惜しむ必要がありません。 開戦初手は、まずカカロン召喚です。 もし運悪くいきなり連続ドルマドンで自分が死亡するという…

続きを読む

テンの日・ギュメイ将軍カード持ち寄り

今日はテンの日で、カードが貰えますね。 今回から最新コインのギュメイ将軍も選べるようになっています。 これでさっそく1枚持寄りをやってきました。 テンの日カード持ち寄りの構成 さて、どんな構成を組むかですが、 テンの日カード1枚持寄りでは多少崩れても負けることがない、安全重視が良いと思います。 ギュメイ将軍のもっとも怖い技は、風モードからのさみだれ斬りなのですが、 回復役に僧侶と賢者の2名を入れると、安定した回復+きせきの雨の効果でほとんど怖くありません。 残り2枠は、まず前衛の定番の戦士。そして最後の1枠は補助役か二人目の戦士ですね。 ということで私のお勧めの構成は、 戦士+バイキ職or戦士+賢者+僧侶 という感じになります。 占い師で持ち寄りパーティを組む 私は占い師がもっとも得意なので、今回も占い師で補助/攻撃の枠で参加してきました。 ただ、誘われ待ちでは誘われ難そうなのと、予定する構成にならない可能性も高いので、 希望者を誘って組んで行きます。 賢者はブーメラン装備が良いですね。 戦士は火力の両手剣、守りの強い片手剣、どちらでも良さそうです。 占い師のやる事 パーティが組めたら出発。 序盤ある程度ダメージを与えると、動きがいったん止まって刀に風か雷を宿してパワーアップします。 占い師なら極竜打ちで解除できます。 賢者が忙しい場合もあるので、任せきりにしないほうが良いで…

続きを読む

おさらい攻略Sジェネラル・占い師がとても有利

今回は、ふくびき3等になって遊びやすくなったSジェネラルの攻略のおさらいです。 Sジェネラルは特に占い師と相性が良いボスなので、占い師での参加がオススメできます。 サポ攻略と持ち寄りパーティでのポイントもまとめておきます。 要注意の技 まずは、使ってくる技の中で要注意なものを確認しましょう。 ジェネラルブレイク 長めのタメのあと、狙った相手とその周囲に光属性大ダメージ。 威力は普通は即死するくらい。光ダメージ減と真やいば効果次第では耐えることもあります。 聖女の守りでの対策が基本ですが、アクセサリーや料理で光ダメージ減を付けていくとなお良いです。 スライムベホマズン召喚 スライムベホマズンを2体呼び出します。 これは序盤には使ってきませんが、ある程度HPを削ると使いはじめます。 何度やっても中盤に使われなかったということがないので、 多分75%ほどまでのHPの減少で行動パターンが変化して、最初の行動が確定でこれなんだと思います。 スライムベホマズンはHPが2000程度で攻撃力も低く、両手剣戦士などの範囲攻撃が得意な前衛がいれば大して怖くありません。 あまりに長く放置していると、ベホマズンを使って回復してしまうのではやめに倒してしまいましょう。 激怒 HPが50%をきって黄色になってからがSジェネラルの本番です。 ここから激怒になる頻度が非常に高くなり、格段に強くなります。 激怒中はほとんどの攻撃が即死級の威力になります。…

続きを読む