魔炎鳥タイムアタック・サポ構成

バトルルネッサンスのお題に挑戦


今日は昨日に引き続き、バトルルネッサンスの時間制限のお題をサポート仲間構成でやっていきます。
前回は紅蓮のクイーンビーでしたが、今度は魔炎鳥をやってみようと思います。
まずは感じをつかむために、いつもの戦士x2、僧侶、占い師という構成で少しやってみました。
しかし、時間制限は2分50秒なのに大幅にオーバーしてしまいます。特にメガンテロックが呼ばれると時間がとられてしまいますね。
全体でのダメージ速度もやや不足している感じがします。

ということで、サポート仲間の構成を考えなおすことにしました。
メガンテロック召喚が最もやっかいです。これを潰す可能性がより高くなるようにチャージタックルをもつ戦士3人構成にすることにしました。
前衛が3人になるので火力もアップするはずですが、回復を担えるのが自分だけになります。
自分だけではかなり回復がきつそうですが、魔炎鳥は避けられる攻撃が多いのでなんとかなるかもしれません。
SnapCrab_NoName_2017-5-1_18-40-39_No-00.png
両手剣戦士x3、そして自分占い師です。武器は弓聖の守り星を使うために弓にしました。
魔炎鳥は炎属性に対して強いので、サポート仲間は武器に聖大剣アスカロンを装備している戦士から探しました。
次はこの構成でやるためのデッキを作っていきます。

準備したデッキと装備


今回最終的に使用したデッキはこちらになります。
SnapCrab_NoName_2017-5-1_18-45-3_No-00.png
魔炎鳥は闇属性の攻撃が効きません。なので有効な攻撃タロットは限られます。
戦車と正義をメインの攻撃手段として、追加で塔も加えています。
自分が回復役を担わなければいけないですので、攻撃ばかりをしているわけにはいきません。
回復役にもっとも必要なものは範囲大回復ですので、太陽のタロットが重要になります。バラモス兄弟のどちらかに太陽を配置するのをまず決めました。
バラモスの太陽は決まりとして、魔王のいざないの他をどうするかですね。悪霊の神々+バラモスとするか、伝説の三悪魔+デュランとするかで悩みました。
2つのパターンで何度か比べてみましたが、最終的にはこのように伝説の三悪魔+デュランとしました。
デュランを使えるほうが有利という感じがしますし、今回は回復手札の確保に早めに魔王のいざないを使いますので悪霊の神々より伝説の三悪魔のほうが使いやすそうです。

装備には弓を使いましたが、これは必ずしも必要ではなかったかもしれません。
時をゆがめる暗霧に備えて弓聖の守り星を使いましたが、これは放置してより攻撃力の高い棍でもよかった気もします。
HPもできるだけあげておくと、開戦時に真やいばが入る前の一撃で死亡して終わってしまうことが少なくなるので良いですね。
料理含めて650くらいあるとほぼ死ななくなる感じですが、他の能力とのトレードオフになるのであまりこだわる必要はないかもしれません。
真やいば砕きや教皇が入ってしまえばほぼ問題はありませんからね。
ベルトは光ダメージアップを付けました。

実戦での動き


ではこの準備でクリアしたときの動きを振り返っていきましょう。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-16-6_No-00.png
力、教皇とタロットをつかってまずは魔炎鳥付近へ前衛がとりつくことができました。
運が悪いといきなりマグマの範囲攻撃を出されて、戦士が魔炎鳥の方へ進めなくなって時間を浪費してしまうということがありますね。
サポート仲間はダメージ地帯をぐるっと回り込んで移動するということができないので、進路を塞がれると何もできなくなってしまいます
そこまでは良かったものの、戦士一人が連続で攻撃を受け死亡。手札には蘇生がないのでここはせかいじゅの葉を使うしかありませんね。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-22-27_No-00.png
早めに魔王のいざないと魅惑の水晶球を使ってバラモスゾンビとデュランの戦車で攻撃していきます。
必要に応じて回復も挟んでいきますが、戦士三人が順調に攻撃できていると相手の動きを止めてくれることが多いのであまり回復はしないで済むことも多いですね。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-24-27_No-00.png
2回目の魔王のいざないで再び攻撃と回復を確保。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-26-57_No-00.png
遠くで死亡してしまった戦士にここからでも届く運命のタロット。やはり使い勝手が抜群にいい蘇生です。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-28-56_No-00.png
そのまま押し切って、なんとか時間内にクリア!

かなり運要素が強い


さてこんな感じでクリアできましたが、魔炎鳥はかなり運要素が強く何度かやり直しすることになりました。
メガンテロック召喚が上手く止められるかどうかでだいぶ変わってきますし、嫌な位置にマグマが落ちてくると前衛が攻撃できなくなって時間が掛かります。
それに回復できるのが自分だけなので、ちょっとしたミスや不運で終了になってしまいます。結構苦戦しました。
SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-34-37_No-00.png
グロリアは172に。引き続き挑戦を続けていこうと思います。

ライノス・ルージュの難易度が別格かもしれない


こちらの記事(→レグナードでのデッキテストと伝説の三悪魔のダメージ強化
のコメントでライノス・ルージュのタイムアタックを占い師で出来るかどうかというコメントを頂きました。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-42-27_No-00.png

今回魔炎鳥で採用したのと同じ、戦士x3、占い師という構成でそのまま何度か試してみたんですが、これは相当厳しいかもしれません。
時間制限が2分30秒となっているんですが、今回試した範囲では3分をきる事すらできませんでした。
割と早く進んだかな、と思った時でも3分30秒を切るのがやっとという感じです。
せめて3分が切れるなら、粘ればもしかして?と思うんですが、このままでは繰り返しやっていても届きそうもありませんね。なにかアイデアが必要になりそうです。

SnapCrab_NoName_2017-5-1_19-40-35_No-00.png
順調に進んだと思ってもこのタイム。大きな改善が必要ですね。

ライノス・ルージュは難易度が高そうなので、とりあえず他のボスをやりながらなにかいい方法を考えて行こうかなという感じでいます。


ドラゴンクエストXランキング


この記事へのコメント