新武器でサポザルトラがさらにイージーに

残念な占い師の新武器


前回のアップデートでレベル93の新武器が追加されました。
事前情報の段階ではかなり楽しみにしていてんですが、
実際の性能を見てみると、特に買い替えなくていいかなぁ、というものでした。
片手剣だけは従来より明確に性能が高いですが、私は片手剣はあまり使いません。
その割に値段がすごく高いので、これも今のところ保留となっています。
SnapCrab_NoName_2017-3-23_14-40-20_No-00.png
特に弓には期待だったんですが…

他職の新武器について考える


ということで、せっかく追加されましたが武器に関してはそれ以来あまり気にしていませんでした。
しかし、考えてみればバトルは基本的に4人の仲間で行うものです。
武器攻撃はめったにしない占い師自身の武器が変化することよりも、仲間の武器が変化することのほうがはるかに影響は大きいです。
野良募集やマッチングでは仲間の装備を選ぶということはあまりできませんが、
サポで何かする時は、仲間の装備も作戦に組み込むことができます。

ということで、他職の新武器についても考えてみようと思い立ちました。

注目はトールナイフ


ざっと見渡していって、今回注目したのがトールナイフです。
SnapCrab_NoName_2017-3-23_12-50-55_No-00.png
持っている性能は、雷属性攻撃とターン消費なし2%です。
同じく雷属性攻撃を持っている短剣にはライトニングダガーという武器もありますが、
それに比べて、新武器のトールナイフは攻撃力が26も上回っています。
おまけにターン消費なしも持っています。
ターン消費なしという能力は、占い師では効果が低めになるんですが前衛には効果が大きいです。

雷属性攻撃といえば…そう、隠者です!
隠者での雷耐性低下と組み合わせれば、トールナイフ装備の前衛の攻撃を大きく伸ばすことが出来そうです。
短剣装備でアタッカーといえば、踊り子ですね。
トールナイフ装備の踊り子と占い師の隠者で戦う作戦を今回は試してみましょう!

ザルトラ相手にテスト


相手はザルトラが良いでしょう。もともと踊り子が活躍しているボスですね。
野良募集での定番構成は、踊り子x3に旅芸人となっていますが、占い師も十分活躍できる能力があります。

ということで、さっそくサポで踊り子を借りていきます。
トールナイフと雷ダメージアップのベルトを装備しているサポから選んでいきました。
SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-15-15_No-00.png

デッキも準備します。
とりあえずという感じですが、こちら。
SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-21-49_No-00.png
キーカードは勿論隠者です。
エンゼルスライムに配置して、早めに耐性低下を入れていきます。
エンゼルのもう一方には教皇を選びました。
教皇はオーラで使うと、回復量が通常より4割増加します。
ザルトラの序盤程度のダメージであれば、このオーラの教皇を掛けるだけでほとんど回復を賄うことが出来ます。
ザルトラは闇属性に強い耐性があるため、有効な攻撃タロットは限られます。
今回は雷耐性低下を前提にした作戦ですので、塔を占い師自身の主力攻撃として採用しています。
悪霊の神々+バラモスに集中的に配置して、一気に攻撃を掛けていきます。
占い師が回復役を兼任していますので、回復タロットも多めに入っています。
長引かなければほぼ不要ですが、たまに運が悪いと必要になることがあります。

耐性低下がポイントですので、武器は当然ムチですね!
持っているなら防具には呪いの耐性があるといいですが、なくてもほぼ平気です。
今回私は指輪すらつけずに30戦以上やりましたが、一度も負けませんでした。
とはいえ、呪われることもたまにあるので、指輪くらいはつけていくといいと思います。
あと、ベルトは雷ダメージアップに変えていくほうが良いですね。
私はこれを忘れていたので、今回の例では闇ベルトのままやっています

サポ構成での動き


では実際にやった時の例をみていきましょう。

SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-40-38_No-00.png
始まったらまずは力を掛け、すぐに後方へ下がります。

SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-42-17_No-00.png
2手目は、手札に回復を持っていればそれを使っておきます。
無ければ隠者以外から適当に。
このケースでは隠者が既に手札に入っていますが、ここでは敢えて使いません。
耐性低下を早く入れたほうが最速にはなりやすいですが、
耐性低下の効果が切れるタイミングのスケジュールがずれて少し面倒です。

SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-46-32_No-00.png
3手目エンゼルのみちびきでこの手札。
教皇オーラ、隠者と使っていきます。

SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-48-26_No-00.png
そして、魔王のいざない+魅惑の水晶球!
手札はこうなりました。

SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-49-29_No-00.pngSnapCrab_NoName_2017-3-23_13-50-10_No-00.png
ドーン!
バズズから塔をどんどん打ち込んでいきます。
しばらくして、みなぎってきたわッ!を使ってくるころになると、雷耐性低下がそろそろ切れますので、
切れたらアトラスの隠者を打ち込みます。
みなぎった後はやや耐性低下が入りにくくなっていて、入らないこともあるんですがさほど問題はありません。
エンゼルのみちびきで再度隠者を確保してもいいですし、攻撃が残っていればそれを使っておいてもOKです。

SnapCrab_NoName_2017-3-23_13-55-10_No-00.png
こんな感じで、普通に進めば1分30秒より時間が掛かることはほぼありませんでした。
踊り子の必殺技が発動したら、急いでおたけびを使うと、
上手く決まるとショック状態からテンションの上がったオネロスハントで凄まじいダメージが出ることがあります。
これが決まると1分をきるということもありました。

やっているときはあまり見ていませんでしたが、隠者でのダメージアップが効いている時の踊り子のダメージを確認してみます。
SnapCrab_NoName_2017-3-23_14-7-10_No-00.png
与えているダメージは1400以上+600位ですね、合計2000以上のダメージを高速で連発しています。圧倒的な強さです
ダメージ低下状態を受けていると、1100+350程度のようですね。
それでも強いですが、女教皇をタイミングよく使えるときは掛けてあげたいですね。

PTでも活用できる


大分以前にザルトラをサポで練習した記事
(→占い師でザルトラ
を書きましたが、この時よりも随分楽になっています。
この記事での作戦よりも、今回の作戦のほうが優秀といえそうです。

今回は新武器のトールナイフ装備のサポを選んでサポ構成でやるという内容でしたが、全く同じ作戦で持ち寄りPTにも通用すると思われます。
ただ、参加する踊り子が雷属性攻撃をもっていないと意味がない作戦ですので、希望者を自分で集めて行くことになるかなと思います。
占い師は定番の構成職ではないので、誘われ待ちでは組みにくいですしね。
召喚符は貴重なので、できれば持ち寄りのほうがいいですね。

とはいえ、メンバーが集まらずに組めない時も結構あると思いますし、
ドロシーで4枚入れができるようになったので、
サポで気軽にできるというのも悪くないと思います


ドラゴンクエストXランキング


この記事へのコメント