運営想定の構成

DQXTVの放送で、聖守護者の闘戦記で開発運営が想定してたパーティ構成というのが公開されました。 パラディン+戦士+魔法使い+僧侶。だそうです。 常闇の聖戦が一番最初レグナードで、あれはドラクエ10の一番基本的な戦法である、パラディンが前で止めて後ろから魔法使いが撃つ。 っていう移動干渉戦法。っていうのをどうやったら面白くなるかていうので磨き込んだんですね。 今回新しくなるということによって、それをもう一段上に上げようっていう風に考えたのが今回の戦いです。 レグナードのときはパラディン一人で止めてたんですけど、 二人モンスターを出してそれぞれを前衛が止めながら、後ろから攻撃するっていう想定だったので、 テストプレイのときのパーティは、パラディン・戦士・魔法使い・僧侶、凄い基本的な構成でした。 だそうです。 戦士壁は苦しい気がする 私はパラx2構成でよくやっています。 強さ1ならそこそこ勝てるようにもなってきましたね。 この構成でもより苦しいのは、ローガストを担当する方のパラディンです。 壁を維持しつつ生き残る難易度が、パラディンにとってさえ非常に高い相手です。 上にある安西Dの発言のような、2体をそれぞれ前衛が止めながら、というのは戦士には苦しいような気がしますね。 もし戦士が入る場合は、ローガストに対しては戦士もある程度動き回りながら、範囲を避けるように動くことになるんじゃないかなと思いますが、 ちょっと上手くいくの…

続きを読む

4/29 今週のピラミッドと達人クエスト

ブローチ確定霊廟 第五の霊廟 アンク確定霊廟 第一の霊廟 達人クエスト オススメ 戦士と行く!迅速なバズズ強討伐! 戦士は言われなくても入れる職なので、条件はないも同然ですね。 今週のお題は、SPふくびきなどでカードを入手してバズズ強が良さそうですね。 のバナーをポチして応援よろしくお願いします!

続きを読む

聖守護者強さⅢ・占2天僧構成の占い師

今日は聖守護者の闘戦記、強さレベル3の募集パーティでの占い師についてです。 現時点の聖守護者の闘戦記での募集パーティの定番構成は、 まず僧侶と天地雷鳴士が基本構成要員で、それプラスで攻撃役をプラスしたり補助回復役を足したりします。 攻撃役にはキラーパンサー・補助役にはキメラといった、仲間モンスターも人気があります。 占い師は攻撃と蘇生の両方が得意なので、プレイヤー操作の職ではこの戦法に特に適した攻撃役と言えると思います。 野良募集パーティで聖守護者3 今回やってきた構成は、占い師x2+天地雷鳴士+僧侶です。 募集で何組もやってみましたが、キラーパンサーを入れない4人パーティではこの構成がもっとも勝てる見込みがありそうです。 占い師ではなく、天地雷鳴士を2名にする構成になることもありましたが、占い師2名構成の方が攻めも守りも優れているように感じます。 何度か挑戦した末、ギリギリですがミネアのカード効果に頼らずに討伐することができました。 占い師の準備 今回私が準備したデッキや装備などを紹介しておきます。 デッキはこちらです。 以前の記事で考えてみたデッキをベースに、募集パーティで使いやすいように少し変更しています。 まず野良募集を何組もやって感じたのは、強さレベル3の募集パーティで勝ちの可能性を狙うには、火力の天井が高くなければ苦しい。ということですね。 そこで、まったく効果なしで終わることもしばしばなんですが、上手くはま…

続きを読む

絶対零度が氷ではない?

絶対零度が氷属性でない疑惑があります、出来たら調べて頂けないでしょうか 昨日の記事にこんなコメントがありました。 そんなことってあるのかな? という気がしますが、今回はこれを一応確認してみることにしましょう。 ダメージを確認 今日の強さ2で受けるダメージを見てきました。 まずは、氷耐性ゼロの状態。 1500弱程度のダメージを受けました。 次に、氷闇の月飾り+アイスタルトで氷耐性40%の状態。 ダメージは900弱です。 氷属性で間違いなし 1500ダメージの40%減が、ちょうど900です。 絶対零度はやはり氷属性。 ということで間違いないかなと思います。 のバナーをポチして応援よろしくお願いします! 人気ブログランキングへ

続きを読む

聖守護者の重さ

昨日のアップデートで聖守護者の闘戦記の壁抜け修正がありました。 今日はレベルが1に戻ったので、本格的にパラ構成で挑戦を再開です。 聖守護者パラ2構成 私が試しているのは、パラディン二人入りで、2体の敵を完全に隔離するというやり方です。 全く壁抜けがなくなったわけではなく、まだ時々抜けることもありますが、 それほど頻繁には起こらなくなりました。 断然快適に戦えるようになりましたね。 この戦法で、最大の難所はレギルラッゾが黄色になって以降です。 反対側のパラディンまで届く、獄門クラッシュや闇の流星を使い始めるからです。 今まではこの段階までくることすら大変でしたが、ここまでは結構安定で進められるようになり、 ようやくこの段階の練習ができるようになってきました。 今日はレベル1ということもあり、崩されつつもクリアすることもできました。 レギルラッゾⅢ押し勝ちの重さ レベル1には勝てるようになってきました。 パラ構成にとってはレベル2はレベル1よりもむしろやりやすいかもしれない部分もあります。 敵の行動回数がときどき2回ではなく、2回固定になるからですね。 ということで、レベル2も同じようなやり方で多分通用するでしょう。 ですが、レベル3はだいぶ事情が違います。 単純に敵の強さが上がっているというだけでなく、パラディンの押し勝ちに必要な重さのハードルが極めて高いからです。 重さチェッカーというサイトの…

続きを読む

レギルラッゾたちの壁抜けが軽減

本日26日の1:00~5:00の間にメンテナンスで、アップデートがありました。 内容は、1つ目は聖守護者の闘戦記でのラグ対策。 もう1つは、壁抜け対策です。 特に注目なのは、壁抜け対策の方です。 さらに、今回追加された聖守護者のボス戦に限った話ではありますが モンスターが横にむかって移動しようとして抜けやすくなる場所があることがわかりました。 こちらについては、準備ができ次第メンテナンスを行い、軽減する対応をいれる予定です。 パラディンでの壁役がんばってください! 少し前に広場で回答された内容ですね。思ったより早く来ました。 いままで、聖守護者の闘戦記ではとにかく妙に壁抜けが起こりやすかったんですよね。 私はパラ構成をよく練習しているんですが、 パラ構成はいったん壁抜けが起こってしまうと取り返しがつきにくい戦法です。 このせいで、ミスしてはいけないというのは当然として、 どうすることもできない壁抜けも起こらないように祈るしかありませんでした。 ですが、そんなラッキーはなかなかないわけで、練習もはかどらないといった状況でしたね。 今回の修正の告知は、パラ構成が生き残る希望になるのでは?と期待していたものです。 さっそくどんな感じなったか、やってみました。 明らかに抜けにくくなった 今日は強さレベル3でまだ勝てる見込みはないですが、戦闘の形が作れるかどうかくらいはわかるでしょう。 このように2体を大き…

続きを読む

開発・運営だより第41号の感想

開発・運営だより第41号が広場に掲載されましたね。 内容はプレイヤー座談会というので話された内容についてです。 今回はこの中で特に気になる話題をチェックしていくことにします。 好評の声が聴かれたアストルティア防衛軍 最近面白かったコンテンツという議題では、アストルティア防衛軍が中心だったようです。 たしかにアストルティア防衛軍は新コンテンツで、バトル内容もなかなか良く出来ています。 なので、面白いコンテンツと評価するのに十分値すると思います。 ですが、開発側は面白く作れればそれで満足ではちょっと困ります。 現時点で、アストルティア防衛軍は過疎化しているからです。 面白いコンテンツを作っても、それを皆が遊ばないのでは効果は低いです。 一番の原因は報酬の仕組みだと私は思っています。 報酬が取りにくいという要望がでたようなので、それは良かったと思いますが、 個人的にはランダム錬金の武器という報酬自体の見直しが欲しいです。 普段の遊びの中核を担えるようなものがいいですね。 最近、新規コンテンツの消費速度が早くない? 攻略サイトの影響が話されたようですが、 もっと大きい原因として、継続的にやる意味のある報酬を設定していないせいというのがあると私は思います。 聖守護者の闘戦記は、想定通りだったのか? やはり現在主流となっている戦法は想定外だったようですね。 しかし、開発運営だよりには書かれていませんが、修正はしないという発言もあったらし…

続きを読む

聖守護者3用のデッキを考える

聖守護者の闘戦記がレベル3まで出揃いました。 何度かやってみて、強さレベル3での変化も大体どんな感じかわかってきました。 強さレベル3に対応するデッキを考えていきたいと思います。 前衛なしパーティ用デッキ まず、いまの募集パーティの主流になっている前衛なしで蘇生と攻撃を重視する作戦用のデッキです。 レベル3での変化として、2までよりもさらに闇属性への耐性が強まりました。 塔と死神の強さの差が大きくなってきたので、キングヒドラに配置する攻撃も塔に変えています。 他には、完全に乱戦になると割り切って、壁をせずに敵をできるだけ中央にいさせることを前提に、愚者のタロットも入れました。 魔術師と同様に、間接的な範囲攻撃として機能します。 闇耐性が強まり隠者がさらに微妙になったので、空振りに終わる可能性もありますが採用してみました。 とにかく死亡が多いスタイルなので、審判による範囲蘇生が切り札になります。 初手から使えるようにわたぼうで入れました。 このデッキはレベル3を意識して作っていますが、 同じ作戦のパーティであればレベル2まででも使えると思います。 レベル3ではさらに火力を重視するなら、教皇を悪魔に変えても良いかもしれません。 パラ2占い2構成用デッキ 募集パーティ用のデッキはこんな感じですが、もう一つ考えているデッキがあります。 パラディンx2+占い師x2、という構成用のデッキです。 この構成は、壁抜けが起こりやすくて難…

続きを読む

募集パーティで聖守護者レベル3

昨日はレベル3になった聖守護者の闘戦記をじっくり検索募集でやってきました。 聖守護者の闘戦記では仲間モンスター入りのパーティというのもありますが、 今回は全部4人フルパーティに参加しました。 占い師が定番職の1つに 募集を出している人のコメントなどをみていると、 占い師は聖守護者強さ3のパーティでは定番の職の1つになりそうな感じですね。 割と希望者が多くいますし、よく誘われます。 人気の構成は 今回占い師で希望出ししたら誘われたパーティは、 僧侶+天地雷鳴士+占い師x2と、 僧侶+天地雷鳴士x2+占い師というパーティの2種類でした。 この構成での募集パーティの定番戦法は、どうやら「すず」を利用した乱戦のようです。 以前の記事で確認してみた狙われコントロールアクセが、早くも普及しているようです。 僧侶がひきよせのすずをつけて敵の攻撃を受けやすくします。 天使の守りによるゾンビ復活で敵を出来るだけ引きつけて、攻撃をしのごうというわけですね。 この作戦のパーティは3組ほどやりましたが、2体とも赤ネームまでしかいけませんでしたね。 戦い方はひたすら死亡と蘇生を繰り返すというもので、シンプルでわかりやすいのでそういう意味でも募集パーティ向きですが、 だからと言って楽に勝てるわけではないようです。 同じような構成で、違う戦い方のパーティもありました。 僧侶+天地雷鳴士+占い師x2という構成で、 できるだけ敵に対…

続きを読む