初の晴れ舞台?サポTAクイーンビーで女帝デッキ

バトルルネッサンスのタイムアタックのお題 バトルルネッサンスは前回の記事(→ルネッサンス3.5中期追加分・占い師パーティ) で占い師パーティで追加分を一通りやってきました。 これでお題で残っているのは時間制限だけとなりました。 時間制限のお題は今回追加分以前のバトルルネッサンスと同じように、サポート仲間のみの構成でクリアするのを目標に進めていこうかなと思います。 どの敵からやっていくかですが、今回は一つ面白そうなアイデアを思いついたので紅蓮のクイーンビーをやってみることにしました。 今日やった紅蓮のクイーンビーのタイムアタックを除くと、ここまでに獲得したグロリアは170枚。 全て集まると175枚になりますね。 紅蓮のクイーンビーのなかま呼び対策 紅蓮のクイーンビーの特徴については、占い師パーティの時にやってある程度はわかりました。 この敵のもっとも厄介なところは、頻繁になかま呼びでキラービーを呼び出すことですね。 このキラービーが即死攻撃や毒攻撃をしてくる上に、攻撃力も結構あります。範囲攻撃で簡単に薙ぎ払うことができるほどHPが低いわけでもありません。体感ですが5000くらいはありそうな感じがします。 時間制限のお題を目標にするので、なかま呼びで出てきた雑魚にあまり構っている時間はありません。 そこで今回目を付けたのが、女帝のタロットです! なかま呼びで出てくるキラービーは自爆技を持っています。 魅了状態で放置しておけば勝手に自爆していなくなり、おまけ…

続きを読む

レグナードでのデッキテストと伝説の三悪魔のダメージ強化

新デッキをレグナードでもテスト 昨日の記事(→スウィートバッグを超えた?ダメージ速度追及の新構成)では、悪霊の神々とデュランを入れてオーラを2回使うというデッキを考えました。 このデッキは上手く使えればダメージアップ能力が高いと思います。 レグナードの攻撃役用のデッキでもこのアイデアを採用したデッキを試してみようと思います。 準備したデッキはこちらです。 比較対象の、従来のスウィートバッグ型デッキはこちらです。 SSSタロットには、バズズに正義、アトラスとデュランに死神、ベリアルには女教皇を配置しています。 正義が1枚余るので、これはネクロバルサに女教皇+正義としてオーラを狙うことにしました。 スウィートバッグ型よりも必要な絵柄の枠が少なくて済む関係で、同じだけの射程距離を確保しつつ、キングエレファントを追加してダメージアップを狙ってみました。 レグナードレベル4でテスト ではこのデッキがレグナードでも効果的かどうかさっそくテストしてみましょう。 今日のレベル4レグナードの野良募集PTにこのデッキで何度も参加してきました。 前回のレグナードの記事同様、構成は全てパラディン、僧侶、魔法使い、そして自分占い師で組んで行きました。 9戦ほどやって、討伐時間は12~15分台でした。普通ですね。特に早いという回はありませんでした。 では最後にやった回を振り返りつつ、ダメージをカウントして速度が以前と比べてどのように変化したかみてみましょう。 一番野良で組…

続きを読む

スウィートバッグを超えた?ダメージ速度追及の新構成

デュラン登場で魔王のいざないが強化! 今回、SSSランクに2回発動ができるデュランが登場しました。2回発動という効果はダメージ速度という点でみると強力な性能です。 (2回個別に行動するほどではありませんが)発動には時間が掛かるので、ダメージが直接2倍になるというのよりは劣ります。しかし追加行動はターンを消費していませんので以後のターンを無駄にしないように動けるならそれに結構近い効果があるとおもいます。 このデュランが加わったことで、魔王のいざないのダメージ加速効果が以前よりもアップしているはずです。 現在私がレグナード用や普段使い用に使っているデッキは、スウィートバッグを主役に構成したものです。 理由はダメージ速度が高いからですが、デュランの登場で魔王のいざない型でよりダメージ速度を追及したデッキができる可能性が見えてきました。 今回は魔王のいざないという特技の性質について考えつつ、新しい攻撃重視デッキが作れないか試してみることにしました。 速度重視における魔王のいざないの二つの欠点 魔王のいざないでダメージ速度を追求しようと考えたとき、大きな二つの欠点が問題になります。 まず第一の欠点は時間を消費することです。 攻撃タロットを多く入れたデッキは、もともと毎回のように攻撃をし続けることができます。 ここで魔王のいざないを使う場合、攻撃に使えたはずの時間を使って手札を入れ替えるということをするので、いったんダメージ速度はマイナスになります。 SSSセットの持ってい…

続きを読む

ルネッサンス3.5中期追加分・占い師パーティ

バトルルネッサンス占い師パーティをやりにいきました アップデートで追加されたバトルルネッサンスのお題もいままと同じで、パーティ全員を同じ職業にして倒す。というのが含まれています。 この条件を満たしてクリアするのにもっとも向いている職業は占い師なので、野良募集ではほぼ占い師に固定されています。 占い師は優秀な蘇生をもっているので全滅しにくく、ゾンビ状態になりながらでも攻撃もそれなりにできるからですね。 さっそくやってきましたので、気が付いた敵ごとの注意点とデッキの紹介をしていきます。 同じデッキで全部の敵は難しい 募集の占い師パーティでは追加分5体のタイムアタック以外のお題をクリアするという目的のパーティが多いんですが、今回は全く同じデッキで全てやるというのは厳しいです。 一番問題になるのは、最初の魔炎鳥です。 この相手は闇属性攻撃が全く効きません。占い師の主力攻撃手段が封じられてしまいます。ここだけは結構デッキを入れ替えて行く必要がありますね。 それ以外の4体はほぼ同じデッキで大丈夫です。 ということで、まずは魔炎鳥以外用のデッキを考えてベースにしようと思います。こちらです。 新登場の強力モンスタータロット、デュランをさっそく使うことにしました。 バズズとデュランに死神を配置して主力攻撃にします。占い師パーティでは蘇生・回復も全員で分担しますのでアトラスとベリアルには太陽と審判を配置して最低限の役割は果たせるようにしています。 今回は攻撃を重視して悪霊の神々を…

続きを読む

新タロットの能力と感想

新登場のタロットモンスター 今回のアップデートで新しく追加されたモンスター絵柄は、幻界の四諸侯とレジェンドホースです。 合成での作り方はこちらの記事(→幻界の四諸侯など新タロット合成まとめ)や こちらの記事(→図解タロット合成まとめ・SSランク以上)に詳しいですので、そちらをご覧ください。 ここでは追加された各モンスター絵柄の能力を順番に見ていき、どのくらい使えそうかなどを考えてみましょう。 SSランクにレジェンドホース まずはレジェンドホースです。今回追加されたモンスター絵柄で唯一のSSランクですね。 効果は回復魔力25アップとなっていて、攻撃魔力アップのヘルバトラーと対になる性能です。なぜかヘルバトラーが24アップなのに、こちらは25アップと微妙に効果が多くなっています。 これは今まで欲しいなと思っていた効果のモンスターなので嬉しいです。 占い師はデッキと手札に行動を制限されているので、同じ行動をし続けるのというが難しいです。2枚しかデッキに太陽が入らない関係で、基本的には回復役にはあまり向いていません。 ただ、伝説の三悪魔の登場でこの短所はかなり補われています。占い師が補助役を兼任した回復役となって、より攻撃担当の仲間を増やしたパーティ構成というのも効果的な場面がありますね。 こういう回復重視にしたい時には回復魔力は効果的です。回復魔力による太陽のタロットの回復量の増加のしかたは僧侶がベホマラーで回復魔力を増やしたときの影響よりも大きいです。 いま…

続きを読む

幻界の四諸侯など新タロット合成まとめ

新モンスター追加 新しいモンスター絵柄が追加されました。 目玉の幻界の四諸侯に加えて、SSランクでレジェンドホースも追加されています。 このページでは追加された新モンスターに必要な素材と合成方法をまとめておきます。 長くなりすぎて見にくくなると思うので、ランクアップ合成は省略してあります。 今回は素材としてデビルパックからのみ入手できるセルゲイナスの必要数が多くなっています。 アクバー 必要な素材      合成                                   ジャミラス 必要な素材    合成                  デュラン 必要な素材        合成 アクバー・ジャミラスまではそちらを参照してください。           グラコス 必要な素材       合成                                               レジェンドホース 必要な素材   合成           ドラゴンクエストXランキング

続きを読む

邪神の宮殿・覇道の双璧

邪神の宮殿が更新 邪神の宮殿の報酬とお題が更新されて、覇道の双璧になりました。ゼルドラド+ラズバーンですね。 この2体、特にゼルドラドの方はストーリーでの悪役としての活躍が印象に残っています。様になる悪役だと思います まずはこの2体の要注意な技をおさらいしてみます。 ゼルドラドのほうが危険なので、オーチマッチングではこちらから攻撃する場合がほとんどみたいですね。 魔幻の剣召 魔元帥の剣が3体召喚されます。必ずしもゼルドラドの近くに出てくるとは限らず、かなり遠いところにバラバラに出現することもあります。 HPは2200程しかありませんが、処理に手間取ると、こんな風にどんどん数が増えて行ってしまったりします。 魔元帥の剣はゆっくり移動しながら、ときどき爆嵐剣という範囲攻撃を使ってきます。 この画像の左奥の爆発してるようなエフェクトの技ですね。これは200程度のダメージ+効果は弱めですが呪いの追加効果があります。 爆嵐剣を受けないように離れつつ、範囲攻撃に巻き込んで倒してしまうのがいいです。範囲攻撃が得意な占い師がしっかり処理を担当しないといけませんね。 覇道の閃撃 狙った相手と、ゼルドラド周囲に即死級の威力の攻撃+強力な呪いの追加効果です。 見た目は悪役版ギガスラッシュといった感じで非常に貫禄のある技ですが、効果の方も厄介です。 特にタゲ下がりで引っ張った後に高い確率で使ってきますね。前衛が群がっていると一気に薙ぎ払われてしまうこともあります…

続きを読む

Sジェネラルカードお手伝いデッキ

テンの日カードの期限がきれそう 前回のテンの日で貰えたカードの期限が迫ってきました。 テンの日で貰うカードといえば、ほとんどの人がSジェネラルを選ぶでしょう。コインを買えば50万近くする超高級ボスですからね。 テンの日ではどんなキャラクターでもカードを貰うことができますので、育成中のまだ弱いキャラクターでSジェネラルのカードを貰うということもあると思います。 しかしSジェネラルはあまり強くはないとは言われていますが、一応最新のコインボスなのでそれなりには強いです。 カードを手に入れたは良いけど、まだボスとまともに戦える強さには育っていないというキャラクターのカードを手伝うというケースが結構あるんじゃないかなと思います。 実は最近、ハレサの妹のル・エカがドラクエ10を始めました。 私は前回のテンの日ではSジェネラルのカードを貰っておくことを勧めましたが、まだまだSジェネラル持ち寄りに行けるような強さには遠いです。 期限が切れてしまう前にカードを使ってしまわないといけません。やりに行くことにしました。 今回はこのル・エカの手伝いを例に、このようなまだ十分に育っていないキャラのSジェネラルカードを手伝う場合に良さそうなデッキなども考えて行こうと思います。 まずは前回のデッキそのままで サポート仲間の構成は、戦士と僧侶です。そこに自分占い師。 ル・エカにはまずは一応僧侶にしてもらいました。レベルが低くても天使の守りや聖女の守りができるので安心です。 デッキは前…

続きを読む

幻界の四諸侯の予想と注目のアップデート情報

幻界の四諸侯予想 次回アップデートでタロットに新モンスターが追加されることになりましたね! 画像ではランクSSSのジャミラスが写っています。 どうやら幻界の四諸侯がセットで追加されるというので間違いさなそうです。 今までのSSSモンスター達と同じで幻界の四諸侯の4枚がセットでそろうとオーラになるんでしょうね。 どんな効果を持っていそうか、ちょっと予想してみましょう。 いままでのSSSセット悪霊の神々と伝説の三悪魔を振り返ってみると、どちらもオーラ時に何らかのボーナスが生まれる効果をもったモンスターが1つ含まれています。 悪霊の神々のベリアル。伝説の三悪魔のキングヒドラですね。これはセットで運用したときのメリットを強めるためでしょう。 ベリアルはテンション1段階アップで、キングヒドラは魅惑の水晶球効果でした。どちらもダメージ強化に使えば、大体1.5倍になる効果です。 これくらいが魔王のいざないをつかう時間を補うには丁度いいと開発側は考えているんだと思います。 ということで、幻界の四諸侯にもこれに近いオーラ時ボーナスをもつモンスターがいるでしょう。 効果は色々考えられますが、ズバリ! オーラを宿してつかった時にかいしん率が100%になる これだと予想します。 会心が出たときのダメージ増加は大体1.5倍くらいですので、今までの例とちょうど同じくらいになります。 この効果が最も似合いそうなのは、デュランでしょうか。 もう一つオーラを宿して使った時に10…

続きを読む